【無料】「テンプレート」から「YouTubeチャンネルアート」を作成【3選】

https://kokuei.world/jp/wp-content/uploads/2019/05/B612_20181220_201944_230.jpg
こくえい

こんにちは、YouTubeが好きな、こくえいです!

サイズを調べたり、デザインを考えたり、YouTubeの「チャンネルアート」を作成するのって大変ですよね…

でも、テンプレートから選んで作成すればラクチンです♫

各サイトで実際に作ってみました。

①Canva(キャンバ)

オーストラリアの会社のデザインツールで、豊富なテンプレートがあり、使いやすいです。

スマホアプリ、とPC(WEBブラウザ)両方で使えます。

PC版

PC版のCanvaはWEBページで編集を行います。

以下のボタンをクリックし、操作を進めます。

Canvaでテンプレートを探す
Canvaのトップページ

Canvaのサイトを開き、「YouTubeチャンネルアート」と検索するか、下の「デザイン作成」から探して「YouTubeチャンネルアート」をクリックします。

検索する場合は、入力途中でも候補を表示してくれるので、そこから選んでもOKです。

※Canvaのアカウントが無い人は、まずはアカウント作成になります

好きなテンプレートをクリック

YouTubeのチャンネルアートのテンプレートが一覧で表示されるので、自分の好きなチャンネルアートを選びます。

チャンネルアートをクリックすると以下の画面になります。

「このテンプレートを使用する」をクリックして進みます。

編集する

左側に豊富な素材があるので、サクサク進みます。

自分の画像を使いたい場合も、画像のアップロードができます。

ダウンロードする

自分好みの「YouTubeチャンネルアート」が完成したら、右上の「ダウンロード」をクリックし、「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロード中は、デザインに関する格言や名言を見れるのでやる気が湧きます(笑)

ダウンロード後は、有料版が30日無料で使えるという宣伝が表示されますが、「編集を続ける」をクリックすれば、そのまま使えます。

ただし有料版の方がデザインの幅が広がるので、Canvaが気に入った方は試すと世界が変わるかもしれません。

スマホアプリ版

「スマホアプリ版Canva」でYouTubeのチャンネルアートを作ってみます。

まずはアプリをインストールします。

Canva

AppStoreで入手Google Playで手に入れよう

Canvaにログイン

Canvaにログインします。

※Canvaのアカウントが無い人は、まずはアカウント作成になります

テンプレートを検索
Canvaのトップページ

上の検索バーに「YouTubeチャンネルアート」を入力して検索します。

入力途中の候補から選択してもOKです。

気が利く候補ばかりです(T_T)
テンプレートを選択

表示された一覧から、自分好みのYouTubeチャンネルアートをタップします。

そのあとに「編集」をタップします。

編集する

自分好みのデザインに「YouTubeチャンネルアート」を編集します。

カンタンに済ませたい人は、文字を「◯◯チャンネル」と変えるだけでも良い感じになります。

ダウンロード

理想とする「YouTubeチャンネルアート」が完成したら、右上のボタンをタップしてダウンロードを進めます。

好みのダウンロード方法を選べますが、今回は一般的な「画像として保存」をタップします。

ダウンロード中は、PC版Canvaと同じように「格言・名言」が見れてやる気アップです。

毎回見るのが楽しみになります

ダウンロードが完了すると、こんな画面になります。

これで作成した「YouTubeチャンネルアート」がスマホに保存されたことになります!

②FotoJet(フォトジェット)

「FotoJet」はWEB版のみのサービスで、スマホアプリ版は無いですが、PCで手軽にYouTubeチャンネルアートを作成できるサービスの1つです。

以下のボタンから「FotoJet」を開けます。

「デザインを作成」をクリック

FotoJetを開き、「デザインを作成」をクリックします。

「YouTubeチャンネルアート」をクリック
テンプレートを選択

最初は空白の状態で始まるので、左側の一覧から好みのテンプレートを選びます。

編集する

このYouTubeチャンネルアートを見つけたら、素材やテキストなどを編集していきます。

ダウンロード

YouTubeチャンネルアートが完成したら、右上の「ダウンロード」をクリックして、ダウンロードを進めます。

「ダウンロード」をクリックすると、以下の画面になります。

「良かったらシェアしてください」というお知らせの下の「今すぐ無料で保存する」をクリックします。

これでダウンロード完了です。

③Adobe Spark(アドビ・スパーク)

「フォトショップ」などのデザインソフトで有名なAdobe社の製品です。

WEB版とスマホ版アプリがあるので、PCでもスマホでもYouTubeチャンネルアートが作れます。

Adobe Spark

AppStoreで入手Google Playで手に入れよう

スマホ

スマホアプリ版の「Spark」でYouTubeチャンネルアートを作ってみました。

テンプレートを検索する

まずは右上のボタンをタップし、以下のように入力すると「YouTubeチャンネルアート」のテンプレートが一覧で表示されます。

テンプレートを開く

このみのテンプレートを選んだあと、この画面になるので、「このテンプレートをリミックス」をタップします。

ボタン名までイケイケですね。

テンプレートを編集する

並んでいるアイコンから、行いたい作業を選び、編集していきます。

保存する

好みの「YouTubeチャンネルアート」が完成したら、右上のボタンを押して保存していきます。

書き出し形式を選べますが、今回は「画像」を選びます。

どちらかを選ぶと、スマホに保存されます。

【まとめ】選ぶコツは「素材」

今回の内容のまとめです。

  • どれも無料
  • 有料プランだと、使える素材などが増える
  • スマホとPC両方で編集したいなら「Canva」か「Spark」

最終的にどのツールにするか迷う人もいると思います。

おすすめの選び方は、「好みのテンプレート素材が多いかどうか」です。

正直どれも使いやすかったので、差が出るとしたら、素材が自分好みかどうかだと思いました。

いままでYouTubeチャンネルアートで困っていた人は、ぜひご活用ください!

【YouTube使い方ガイド】

今回紹介した「YouTubeチャンネルアートをテンプレートから作成する方法」以外にも、YouTubeではもっと色んな事ができますよ〜!

まだ知らない項目があったら要チェックです。

チャンネル運営

観て楽しむ

音楽

Fire TV Stick
(YouTubeをテレビで観れる!)

Amazon


Amazon楽天Yahoo!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です