Chromebookで「できること・できないこと」

動画派の人はYouTubeを、文章派の人はこのままご覧ください。

こんな人にピッタリ
  • Chromebookで「出来ること・出来ないこと」が知りたい人

こんにちは、こくえいです。

実際にChromebookを使っている経験を元に作成したYouTube動画が好評だったので、少しパワーアップしたブログ版を作成しました。

Chromebookで「出来ること」(ざっくり)

Chromebookで出来ることは3つです。(ざっくり)

  1. Chromeブラウザで、できること
  2. Androidアプリで、できること
  3. Linuxで、できること

それぞれ解説します。

Chromeブラウザで、できること

Chromebookは、Chromeブラウザを中心に設計した「Chrome OS」というGoogle製のOSです。(WindowsやMacとは別物ですよ)

基本的に「Chromeブラウザ」を使ってほとんどの事を行います。

例えば、YouTubeを開いたり、Google検索をしたり、ニュースサイトを見たりですね。

昔と違い、現代では多くのサービスがWEBブラウザから使えるようになっているので、Chromebookは今の時代らしいPCとも言えます。

Androidアプリで、できること

Chromebookは、Androidアプリをインストールして使えます。

(Androidアプリ非対応のChromebookもあります)

なので、Androidアプリでできることが、そのままChromebookでできることになります。

例えば、本来Androidスマホでしか使えなかったはずの「ゲームアプリ」などを、Chromebookにインストールして使えます。

注意点

全てのAndroidアプリがChromebookに対応しているわけではありません。

もし必ずChromebookで使いたいAndroidアプリがある場合は、事前にそのAndroidアプリの会社に問い合わせしておきましょう。

Linuxで、できること

Chromebookは、Linux(リナックス)をカンタンにインストールする機能がついています。

なので、LinuxでできることもChromebookが出来ることになります。

補足と注意点

※LinuxはWindowsでもMacでもない、世界中で無料で配布されているOSです。Androidアプリのプログラミングにも使えます。

また、ChromebookでのLinuxは現在ベータ版となっています。

Chromebookで、できること(細かく)

「エクセル」はChromebookで使える

よくある誤解で、「エクセル」などのMicrosoft OfficeはChromebookで使えないと思われていますが、違います。

Chromebookでオフィスを使う方法は2つです。

  • WEB版の「エクセル」を使う
  • Androidアプリ版の「エクセル」を使う

WEB版の「エクセル」は、マイクロソフト・アカウントでログインをすれば、以下のボタンからChromeブラウザで開けます。

Androidアプリ版の「エクセル」は、「Google Play ストア」から、Android版の「エクセル」をChromebookにインストールして使います。

ただし、どちらも「Windowsデスクトップ版のエクセル」と同じ全ての機能が使えるわけではありません。

もし不安な人は、Chromebookを買う前に試す方法があります。

お持ちのPCからChromeブラウザをインストールして、そのChromeブラウザから「WEB版エクセル」を使って普段の使い方が出来るか確認するだけです。

そうすれば、擬似的にChromebookでWEB版エクセルを使っている経験を出来るので、おすすめです。

オフラインで「出来ること」

Chromebookで、できないこと

Chromebookで「出来ない事」は、Chromebookで「できること」の逆です。

  1. Chromeブラウザで、できないこと
  2. Androidアプリで、できないこと
  3. Linuxで、できないこと

まとめ:Chromebookが向いている人

  • PCでChromeブラウザしか使わない人
  • PCでAndroidアプリを使いたい人
【レビュー】HP Chromebook x360 (14インチ)【タブレットいらずのノートPC】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。