中国版LINEは「WeChat」

https://i0.wp.com/kokuei.world/jp/wp-content/uploads/2019/05/B612_20181220_201944_230.jpg?w=880&ssl=1
国栄

こんにちは、国栄です。

中国の友達とは中国版LINEである「WeChat」でよく連絡をとるので、どんな感じかざっくり紹介します。

トーク一覧

中国版LINE「WeChat」
一部隠しています

トーク一覧はLINEとほぼ同じです。

もし中国版LINE(WeChat)を突然使うことになっても迷わないです。

トーク画面

中国版LINE「WeChat」
一部隠しています

LINEと似ていますが、中国版LINE(WeChat)では「ボイスメッセージ」が重視された設計になっています。

これは文字を入力するより早くトークを送れることから、中国の人に気に入られている機能だからです。

左下のボタンを押すと「ボイスメッセージ」を送信できます。

※僕は恥ずかしいので、あまり使っていません(笑)

友だち一覧

中国版LINE「WeChat」

LINEとの違いは「タグ」機能ですね。

中国版LINE(WeChat)では「タグ」機能を使えば、友達を「グループ分け」できます。

LINEで「友だち」を整理するには一人ずつ名前を変更して分けるしか無いので、これは便利な機能です。

その他機能

中国版LINE「WeChat」

中国版LINE(WeChat)では、基本的な機能(トーク・連絡先・設定)以外はこの「発見」という場所にまとめられています。

例えば、LINEで言う「タイムライン」は「モーメンツ」という名前になっていてここで見れるようになっています。

連絡先の交換機能である、QR読み取り、シェイク(LINEで言うと「ふるふる機能」)があるほか、ニュース一覧や、友達が読んだニュースもここに表示されるので、暇つぶしにピッタリな設計になっています。

自分に関する機能

中国版LINE「WeChat」

一番右端にある「本人」は自分に関する機能がまとめられています。

それぞれ以下のようになっています。

お気に入りLINEで言うと「LINE Keep」です。トークや画像など保存すると、ここに保管されます。
自分の投稿自分が「タイムライン」へアップした投稿が見れます。
ステッカーギャラリースタンプの管理ができます。

どれもLINEと似た機能なので、WeChatも手軽に楽しめます。

まとめ

中国版LINE(WeChat)は、多機能になりすぎてしまったLINEと比べてシンプルで分かりやすい設計でした。LINEとの共通点も多いので手軽に楽しめます。

中国の人と連絡する予定のある人は、WeChatを用意しておくと連絡先の交換がスムーズになるので、おすすめです。

WeChat

AppStoreで入手Google Playで手に入れよう

WeChatはPCでも使える「PC版WeChat」もあるので、スマホアプリ版WeChatに慣れてきたらこちらもお試しください☻

まだまだWeChatの魅力はたくさんある!

今回は「中国版のLINEはWeChatですよ」という紹介でしたが、WeChatにはLINEとは違う面白い機能がまだまだありますよ😆

WeChatの「引き継ぎ作業」はQRコードで転送!
スッテカーの数が不満ならWeChatの公式サイトにGO
ID検索でWeChatに友達を追加してみよう
外国語もWeChatなら「翻訳機能」でカンタン解決
PC版WeChatは2種類あります

WeChatの使い方を一気に見たい人は、WeChatの使い方がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です