WeChat「モーメンツ」の使い方

https://i0.wp.com/kokuei.world/jp/wp-content/uploads/2019/05/B612_20181220_201944_230.jpg?w=880&ssl=1
国栄

こんにちは、国栄です。

WeChatのモーメンツの使い方を紹介します!

基本的な使い方

「いいね」「コメント」する方法

WeChatのモーメンツで友達と交流する基本ですね♪

「モーメンツ」を開きます
WeChatのモーメンツで「いいね」「コメント」する方法

WeChat画面右下あたりにある「発見」を選び、上にある「モーメンツ」を選びます。

投稿に「いいね」「コメント」する
WeChatのモーメンツで「いいね」「コメント」する方法
僕のモーメンツ画面

「いいね」「コメント」をしたい投稿の右下にある「・・」ボタンを押して、「いいね」するか「コメント」するかを選びます!

これで相手のモーメンツ投稿に対してコミュニケーションが出来るわけです♪

文字だけの投稿方法

WeChatのモーメンツは写真を使わない「文字だけの投稿」も出来るのですが、正直分かりにくいですよね😅笑

隠しコマンド的な感じですが、簡単なので紹介します😎

「カメラボタン」を長押し
WeChatのモーメンツで「文字だけの投稿」をする方法

モーメンツ画面右上にある「カメラマーク」を長押しします。

※長押ししないと写真撮影や、写真選択メニューが出てきてしまいます😓

「OK」を押す
WeChatのモーメンツで「文字だけの投稿」をする方法

初めて「カメラボタン」を長押しした人は、こんなオシャレな画面が出てきますが「OK」を押して次に進みます。

文字を入力して投稿
WeChatのモーメンツで「文字だけの投稿」をする方法

あとは文字だけの投稿画面が出てくるので、文字を入力して「公開」を選ぶだけです!

この画面では位置情報や、誰宛か、公開範囲も設定できます。

ちなみに文字を1文字以上入力した状態で「戻るボタン」を選ぶと、下書き保存が出来ます。

WeChatのモーメンツで「文字だけの投稿」をする方法

下書き保存は1件までで、次に文字だけの投稿をするときに、下書き保存した文字が入力された状態で再開する形でした。

プライバシー設定

非表示方法:自分・相手の投稿を見えなくする場合

WeChatのモーメンツは、以下のように非表示に設定できます。

  • 特定の人のモーメンツを自分のWeChatに表示させない
  • 自分のモーメンツを特定の人のWeChatに表示させない

どちらも設定方法はほぼ同じです。説明します。

相手のプロフィールの「・・・」を選択
WeChatのモーメンツで、投稿を非表示にする方法

連絡先一覧や、チャット画面、もしくはモーメンツ画面で、モーメンツを非表示にしたい相手のプロフィールを開きます。

プロフィールを開くと、右上に「・・・」のボタンがあるので選びます。

「モーメンツとタイムカプセルのプライバシー」を選択
WeChatのモーメンツで、投稿を非表示にする方法

表示されたメニューの中から「モーメンツとタイムカプセルのプライバシー」を選びます。

非表示設定をする
WeChatのモーメンツで、投稿を非表示にする方法
モーメンツの非表示設定画面

ここで、その人に対して自分のモーメンツを非表示にするのか、それとも相手のモーメンツ自体を非表示にするのか設定できます。

変なモーメンツばかり更新して非表示設定されてしまわぬよう、気をつけましょう!笑

その他

足跡は付かない

WeChatのモーメンツは足跡が付きません。

実際に僕のモーメンツを見てみましょう!

WeChatのモーメンツでは足跡が付かない
ラスベガスの美女ダンサー😁

僕のこの投稿を見ると、「いいね」「コメント」数だけは見れますね。

数字が付いているボタンを選択しても…

WeChatのモーメンツでは足跡が付かない

詳細は見れますが、足跡は見れませんね!

最後にメニューを見てみます。

WeChatのモーメンツでは足跡が付かない

足跡を見るような項目は…やはりないですね!

なので、友達同士モーメンツを見たかどうか知るには「いいね」や「コメント」をしたり、直接「モーメンツ見たよ〜!」と伝える形になります。

中国語では「朋友圈」

WeChatのモーメンツは中国語で「朋友圈」
中国語表記のWeChat

WeChatの「モーメンツ」は、中国語名だと「朋友圈(ポンヨーチュエン)」と言います。

意味は「友達の輪」です😁わかりやすいですね笑

まだまだWeChatには便利な機能がある!

今回紹介した「モーメンツ」以外にも、WeChatで出来ることはあります。

WeChatの使い方を一気に見たい人は、WeChatの使い方がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です