「パスワード忘れ」から卒業!パスワード管理方法は「1Password」が良かった

こんにちは国栄です。
色々なパスワード管理方法を試した結果「1Password」に落ち着きました。
その理由や、他のパスワード管理方法との違いを紹介します。

「アナログ」なパスワード管理方法

パスワード管理方法「紙」
パスワード管理方法:紙にサイト名・パスワード情報を手書きでメモ。

メリット ペンとノートに慣れてる人は楽。
デメリット 失くすことがある、他人に見つかる場合がある。紙を見ながら入力する必要がある。ペンやノートが無いと記録したり、見たり出来ない。

ノートやメモ帳に書いていく「パスワード管理方法」はシンプルですが、リスクが多いので一番おすすめ出来ません。

「デジタル」なパスワード管理方法

メモ帳アプリ

パスワード管理方法「メモアプリ」
パスワード管理方法:スマホ・PCのメモアプリにパスワード情報を入力。

メリット スマホとPCで、いつでもパスワードの「記録・閲覧」ができる。コピペで入力できる。
デメリット 画面を覗かれるとパスワードがバレる。パスワードが増えてくると見づらくなる。自動入力が出来ない。

メモ帳アプリを使った「パスワード管理方法」は、ほとんどのスマホに標準搭載されているアプリで手軽にメモできるという点です。
WEB版(PC版)に対応しているメモアプリであれば、PCでも見れます。

エクセル(表計算ソフト)

パスワード管理方法「エクセル(表計算ソフト)」
パスワード管理方法:パスワード情報を列・行ごとに入力。

メリット スマホとPCで見れる。パスワードが増えて見やすい。コピペで入力できる。
デメリット 画面を覗かれる危険。自動入力が出来ない。

エクセルを使った「パスワード管理方法」も「メモ帳アプリ」とほぼ同じです。違いは表で管理できるエクセルの方が見やすくなることです。

パスワード管理サービス

パスワード管理方法「パスワード管理サービス」
パスワード管理方法:サイトごとにパスワード情報を入力。

メリット スマホとPCで見れる。自動入力に対応している。アプリ自体にパスワードを設定できる。パスワード生成機能がある。
デメリット 一部の機能が有力だったりする。

一番おすすめの方法です。理由は自動入力機能です。この機能のおかげで、パスワード情報を見ながら入力する面倒な作業から解放されます。
有名なパスワード管理サービスだと「1Password」「Keeper」「LastPass」などがあります。この中でも特に「1Password」がおすすめです。
理由は以下です。

  • Appleが会社で採用している
  • 見た目や色使いがシンプル

「Keeper」「LastPass」も使ってみて良かったのですが、この2つの理由で最終的に「1Password」にしました。好みもあると思うので、色々試すのが良いと思います。

1Password - Password Manager

1Password – Password Manager

AgileBits Inc.無料posted withアプリーチ

結論│パスワード管理はデジタルの「1Password」

パスワード
管理方法
メリット デメリット
①人によってメモりやすい ①失くす、他人も見れる
メモアプリ ①スマホ・PCで記録・閲覧できる ①画面をのぞかれ場合がある
表計算ソフト ①スマホ・PCからの記録・閲覧
②整理しやすい
①パスワードが増えるとスマホから見づらい
パスワード管理サービス ①スマホ・PCからの記録・閲覧
②パスワード自動入力
③パスワード生成。
一部機能が有料

「パスワード管理サービス」以外の共通デメリットはこんな感じです。

  1. パスワードを自分で考える必要がある
  2. パスワードを見ながら入力する必要がある

あるあるですね。この2つに耐えられる人は、他のデジタルなパスワード管理方法でも大丈夫だと思います。
以上、今回は「パスワード管理」の「秘密のメモ」でした!
また次の「秘密のメモ」でお会いしましょう〜!
(Twitterでも更新情報を発信しています☻)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です