安全なパスワードの決め方は「自動生成」

https://i0.wp.com/kokuei.world/jp/wp-content/uploads/2019/05/B612_20181220_201944_230.jpg?w=880&ssl=1
国栄

こんにちは、国栄です。

「パスワード生成ツール」で自動でパスワードを考えてもらうようにしてから、パスワードで悩むことが無くなりました。
今回は信用できる「パスワード生成ツール」を紹介します。

理由:パスワードを自分で考えるには限界がある

200以上のパスワード情報を管理

僕は200以上のパスワードを管理しています。

1Passwordを使う前は、こんな感じでした。

  • パスワードの使い回し
  • パスワードを決めるのに悩む

しかし、パスワードの決め方を「パスワード生成ツール」に任せてから、1秒も悩まずに「難しくて安全なパスワード」を一瞬で作成できるようになりました。

信用できるツール:「1Password」と「LastPass」

この2つは有名なパスワード管理サービスだからです。

1PasswordAppleが会社で採用するほどのパスワード管理サービス
LastPass43,000社以上の企業が採用しているパスワード管理サービス

※この2社以外にも有名なサービスはありますが、WEBブラウザから気軽に使える「無料のパスワード生成ツール」は見当たりませんでした。
それぞれの「パスワード生成ツール」と、使い方を紹介します。

1Passwordのパスワード生成ツール

1Passwordのパスワードジェネレーター

※ブックマークしておくと便利です。

使い方

STEP.1
パスワードの条件を設定
1Passwordのパスワードジェネレーター
数字や記号の有無、パスワード文字数を設定します。
STEP.2
「安全なパスワードをコピー」を選択
以下の画面が表示されればOKです。
1Passwordで作成したパスワードをコピー
すでに生成したパスワードはコピー出来ているので、メモ帳アプリなどに貼って管理しましょう。
※「30日間無料お試し」は気に入ったときに試せば大丈夫です。

LastPassのパスワード生成ツール

LastPassのパスワードジェネレーター

※ブックマークしておくと便利です。

使い方

STEP.1
パスワードの条件を設定
LastPassのパスワードジェネレーター
パスワードの長さ、数字や記号、大文字、小文字の有無を設定します。
STEP.2
「パスワードをコピー」を選択
以下の画面が表示されれば、作成したパスワードのコピーは完了です。
LastPassで作成したパスワードをコピー
もし気になればLastPassでのパスワード管理を試すのもありです。

LastPassの指紋認証

もしLastPassを気に入って使っていく場合は、以下の「指紋認証キー」も役立ちます。

ケンジントン VeriMark 指紋認証キー(K67977JP)

ケンジントン

Amazon楽天Yahoo!

  • LastPass自体のロック解除
  • WindowsPCのロック解除

パスワードをLastPassですべて管理した場合、LastPass自体のロックを解除するためにパスワードを入力しますが、それを「指紋認証」で解除できます。

結論:パスワードの安全な決め方は「パスワード生成ツール」を使うこと

  • 「パスワード生成ツール」なら1秒も悩まず作成できる
  • 長さや英数字の有無も決められる
  • 有名な会社のツールを使うことで危険を回避

「1Password」も「LastPass」も評判の良いサービスなので、アプリ版もおすすめです。

アプリ版:1Password

1Password

AppStoreで入手Google Playで手に入れよう

アプリ版:LastPass

LastPass

AppStoreで入手Google Playで手に入れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です