MacBookのファンがうるさいときは「分解して掃除」

https://i0.wp.com/kokuei.world/jp/wp-content/uploads/2019/05/B612_20181220_201944_230.jpg?w=880&ssl=1
国栄

こんにちは、国栄です。

MacBook Pro中身を掃除したら、ファンが回る時間が減りました!詳しく説明します。

注意
真似する場合は、自己責任でお願いします⚠

【掃除手順】汚いMacbookのファンを綺麗の掃除しよう

手順.1
マスクを装着
注意
細かいホコリがめっちゃ舞います😓マスクがあると安心です😷❤
ちなみにこの「美フィットマスク」は、マスクを付けても小顔に見せる効果があるので愛用しています。
手順.2
MacBookの裏カバーを開けます
精密ドライバーで小ネジを外し、端から引っ張ると開けました。
macbook-clean
小ネジは無くさないようにしましょう。
僕はこれで開けました。
▼星型精密ドライバー

今回掃除したMacBook Pro 2015(mid)はこのドライバーを使いましたが、自分のMacBookに対応したドライバーを選びましょう。
▼調べ方
①本体裏面で型番を確認
macbook-clean
そして「(調べた型番)ドライバー」という風に検索すると見つけられます。

手順.3
ホコリを取り除きます
うわー、、、こりゃすごい・・・
macbook-clean
これをゴム製の歯間ブラシで掃除していきます。
▼ゴム製歯間ブラシ

ゴムは適度な柔らかさがあり、精密機械を傷つけにくいので、この歯間ブラシを使いました。
元々歯の隙間という極狭スペースに使うものなので、MacBookのファンについている細かい溝まで掃除できちゃいます😎
ちなみに綿棒は先が太すぎるのと、余計な繊維が出たり、静電気を起こして基盤を傷つける可能性もあるのでダメです。

手順.4
掃除機で吸い取ります
歯間ブラシでホコリを出したあとは、掃除機で一気に吸い取っちゃいましょう。
ここでMacBookの基盤などに触れずに吸うのがポイントです。
精密部品だらけなので、ぶつかったりすると良いことないです💧
▼小型掃除機

引きずり出したホコリたちを吸うのに使います。

エアダスターを使う人もいますが、ホコリが舞ったり、目の届かない奥の方にホコリが入る可能性があるので良くないと思います⚠

手順.5
最後にホコリが残っていないか確認して完了
こんな感じに出来ればOKだと思います♪
macbook-clean
我ながら綺麗に掃除できたなと感心しております😆

【掃除後の変化】果たしてMacbookファンは静かになったのか!?

静かになりました!🎉

掃除する前は、ファンが回転し始めると音がどんどん大きくなって、凄い騒音になってから静かになってました。
掃除後は、ファンが回りだしても、音はあまり大きくならずに静かになるようになりました。
ファンが少し回転するだけでも排熱が出来ているということですね☺♪

【まとめ】MacBookのファンを掃除するためのポイント💡

  • 特殊精密ドライバー▶自分のMacBookの型番に合うものを購入する
  • 掃除道具▶ゴム製歯間ブラシがファンの掃除にピッタリ
  • ホコリの処理▶掃除機がオススメ
  • ホコリ対策▶マスクをつけると吸い込まずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です