筋トレが続かない人でした。でも「SNS投稿」で毎日筋トレ人間に…!

こんにちは国栄です。

毎日SNS投稿したら、週7日でジムに行けるようになりました。
↓いまも毎日投稿しています。


「なぜSNS投稿でサボらなくなったのか?」を説明します。

理由:心理的にサボれなくなる

誰でも「嘘つき」や「口だけ」と思われたくないですよね??笑

そうです。人は「見えっ張り」な生き物なんです!

この心理を利用して2つのことをします。

  1. 宣言
  2. 毎日投稿

先に「○○するよ!」と言って、毎日実行するだけ。

すると「嘘つき」や「口だけ」にならないように、自然とサボらないようになります。

これが効果抜群で、実際に筋トレを1日もサボらなくなりましたw

そのときの僕の「筋トレ宣言投稿」を紹介します。

筋トレの「宣言投稿」

今日は背中!
この間3日連続でジム行っただけなのに、頭痛で半日寝込んだ😨毎日行っておっさん化を食い止めねば!

と宣言していますね。

僕はこの日から実際に1日も休まずに、筋トレの投稿を続けています。

筋トレが続かない理由

筋トレが続かない理由は「見た目の変化が分かりにくい」からだと思います。

筋トレの一番の喜びは見た目が変わったときだと思います。

しかし、毎日SNSで写真付き投稿をしていると解決できます。

  • 過去の写真と比較できる
  • 変化に応じて、筋トレのやる気につながる

ポイント:「SNS投稿」と一緒に意識すること

①「ジム」で筋トレする

理由は4つです。

  • マッチョな人がいて、筋トレのやる気が上がる
  • 異性がいて、筋トレのやる気が上がる
  • 多くの使いやすい器具がある
  • 他の人の筋トレが参考になる

筋トレは家で器具を揃えたほうが効率的にも思えますが、ジムは「筋トレのやる気になる刺激」が多いです。

ちなみに僕は「ホームジム」経験者です。

僕の場合、家での筋トレは続きませんでした…

逆に意識が強い人なら「ホームジム」もありです。

トレーニング器具を見てみるAmazon楽天Yahoo!

②「好きなトレーニングウェア」で筋トレする

▲僕の場合はナイキが多いです。

好きなトレーニングウェアで筋トレする理由は1つです。

  • 自分が普段よりカッコよく見えて、筋トレのやる気になる

適当な服装でも筋トレは出来ますが、トレーニングウェアってオシャレなものも多いです。

トレーニングウェアを見てみるAmazon楽天Yahoo!

好きなブランドが無い人は、インスタで好きなウェアを探すとイメージしやすいです。

注意点:「毎日」と「写真付き」を守る

理由は以下です。

毎日投稿しないと…気分に左右され、投稿しなくなる
写真付きじゃないと…自分を客観視できず、やる気に繋がらない

「自分だけが筋トレしたって分かれば十分だ!」

と思うかもですが、文字だけの投稿はデメリットだらけです。

  • 周りが投稿に対して反応しづらい
  • 自分が自分の投稿に飽きる
  • 筋トレしていなくても、ごまかせる状態

なので、投稿は「毎日」「写真付き」で行いましょう。

そうすると筋トレも続きやすくなります。

キッカケ:凄腕ブロガーのツイート

そもそも何故僕が毎日筋トレのSNS投稿を始めたのか?

それは、僕がいつも参考にしているマナブさんのツイートがキッカケでした。

※マナブさんは海外を転々としながらブログ、YouTubeを仕事にしている人です。

彼自身も筋トレを写真付き投稿で行っています。

筋トレだけでなく仕事でも高い目標に対して「宣言」と毎日の進捗を投稿することで、自分を追い込むストイックな方です。

投稿内容も勉強になるものばかりで、おすすめです。(僕は「通知オン」で全ツイートを毎日見てます笑)

結論:毎日写真付きSNS投稿をすれば変われる

最後にまとめです。

「筋トレが続かない人」がやるべき事は2つ。

①宣言例「今日から毎日筋トレ投稿して頑張るぞ」
②行動実際に「毎日」写真付きでSNS投稿

理由は以下の4つです。

  1. 宣言後、嘘つきにならないように自然と頑張る
  2. 毎日投稿すると、気分に関係なく筋トレに向かう
  3. 毎日投稿するには、ジムで写真を撮るしかない
  4. ジムに行ったら自然と筋トレできる

「宣言」と「行動」だけで筋トレが続くようになります。

実際に僕が1ヶ月以上毎日ジムで筋トレしました

筋トレした証拠もすべてTwitterに残っています。

ひまなときに過去の投稿写真をバーっと見返すと、「おぉ頑張ってきたな、自分」「これからも頑張ろう」となったり。「おっ、1ヶ月前より生き生きしているかも?」

といった楽しみ方が出来ます。

いままで筋トレが続かなかった人は、この方法でぜひ筋トレに再チャレンジしてみてください。

一緒に頑張りましょう💪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です