LINEで声が遅れるときは「別の通話アプリ」

https://i0.wp.com/kokuei.world/jp/wp-content/uploads/2019/05/B612_20181220_201944_230.jpg?w=880&ssl=1
国栄

こんにちは、国栄です。

LINEで声が遅れるときは「別の通話アプリ」でかけなおしたら解決したりしました。詳しく説明します。


それでは詳しく説明していきます。

☹問題点:LINEは混雑する時間がある

日本中の人が使う大人気無料通話アプリであるLINEは、通話している人が多すぎると声が遅延したりします。

この問題を解決するのが・・・

😊解決策:別の通話アプリ

2つの通話アプリを紹介します。

1.Face Time オーディオ(Appleユーザー限定)

Face TimeはiPhone、iPad、Macなどで元から入っていたりするビデオ通話アプリですが、音声のみの通話が出来る「Face Time オーディオ」という機能があります。

これを使うことで無料通話が出来ます。

使用手順:Face Timeの使い方

1.Face Timeアプリを起動します
2.設定を開きます
3.「Face Time」を選びます
4.「FaceTime に Apple ID を使用」を選びます。
5.Apple IDでサインインします。
通話する人同士がこの設定を行っていれば、Face Timeで電話をかけることが出来ます。

2.Google Hangouts(グーグル・ハングアウト)

僕がよく使うのは、Googleの「ハングアウト」というアプリです。
(Google版のLINEです)

おすすめする理由は、Googleアカウントがあればすぐ使えるからです。

Gメールを使っている人なら、Googleアカウントを作成している事になります。

自分のスマホと、通話相手のスマホの「ハングアウト」を入れて使う手順を説明します♫

ハングアウト

AppStoreで入手Google Playで手に入れよう

使用手順:グーグル・ハングアウトで通話する方法

通話相手のGメールアドレスを聞く

「◯◯◯@gmail.com」の形のメールアドレスですね。

「新しい会話」を作成

教えてもらったGメールから「会話」を作成します。そして適当にメッセージを送ってみましょう。

相手に承認してもらう

すると相手側に承認するかどうかの確認画面が表示されるので、「承認」してもらいます

通話開始

あとはLINEと同じで、電話のマークを押して通話開始です!

これであなたのスマホも、通話相手のスマホも「ハングアウト」で通話できるようになりました(∩´∀`)∩

より詳しくは「ハングアウトの使い方」でも紹介しています。

その他の解決策

1.有線イヤホンを使う

もし無線イヤホンをスマホに接続して通話をしていたら、有線イヤホンがおすすめです。
高性能な無線イヤホンでも、周りの電波に影響されてスマホとの通信が悪くなり、音声が遅れる事があるからです。
僕の場合通話しているときはApple純正の有線イヤホン「Ear Pods(イヤーポッズ)」を使っています。
耳栓のように耳を完全に塞いでしまう事のないタイプのイヤホンのため、自分の声がこもらず快適に話せます。

2.スマホをWIFIに接続する

家にWi-Fiが無いか、Wi-Fiの設定自体が苦手な人には「Google Wi-Fi(グーグル ワイファイ)」をオススメしています。

なぜかというと、このWi-Fiルーターはスマホアプリ1つで、Wi-Fiルーターの操作(パスワード設定や、回線速度チェック、再起動)が出来るからです。

すでに接続するWi-Fiがある人や、設定にも困っていない人は、Wi-Fiの速度チェックをしてみましょう。

Speedtest

AppStoreで入手Google Playで手に入れよう

Wi-Fiの速度測定は、この「SpeedTest(スピードテスト)」というアプリが使いやすいです◎

まとめ

  • 無線イヤホンをしている場合は、有線イヤホンにする
  • スマホ通話で声の遅れを感じたら、違うアプリで試してみる
  • 声が遅れるなどで通話に不便を感じると、怒りでスマホを破壊してしまう可能性も☠(冗談です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です