車のバッテリー上がりは「モバイルバッテリー」で解決(・・;)┃Anker Roav ジャンプスターター Pro

こんな人にピッタリ
  • 車のジャンプスターターを探している人
哈囉大家好〜国栄(こくえい)です!
車のバッテリーが上がって困っていたのですが…今回紹介する「モバイル型ジャンプスターター」で簡単に解決しました。

Anker Roav ジャンプスターター Pro

Anker

Amazon楽天Yahoo!

関連「充電器」の記事一覧
それでは参りましょう😆

付属品│Anker Roav ジャンプスターター Pro

外箱

「Anker Roav ジャンプスターター Pro」の箱
外箱はこんな感じです。

専用ケース


外箱を開けると、全てこの専用ケースに入っていました。
「Anker Roav ジャンプスターター Pro」のケースの中身①
片側に、バッテリーと説明書がありました。
「Anker Roav ジャンプスターター Pro」のケースの中身②
もう片方に「ジャンプスタート・ケーブル」と「USB Type-C ケーブル」が入っていました。

全付属品

「Anker Roav ジャンプスターター Pro」の全付属品
全て取り出すとこんな感じです。

本体の大きさ

「Anker Roav ジャンプスターター Pro」本体と、メガネのサイズは同じくらい
僕のメガネ(レイバン)を置いてみました。
大きさはメガネを一回り大きくした感じです。
「Anker Roav ジャンプスターター Pro」本体とケースの大きさ
ケースは本体の倍くらいの大きさです。
一般的なジャンプスタート用の「ブースターケーブル」よりコンパクトです。

使い方│Anker Roav ジャンプスターター Proで、エンジンをかけてみた

説明書通り試してみました。

手順.1
電源を入れる
「Anker Roav ジャンプスターター Pro」の電源
注意
充電残量が50%以下だとジャンプスタート出来ない場合があるそうです。
充電は満タンにしておくと安心です。
手順.2
ケーブルを本体に接続
「Anker Roav ジャンプスターター Pro」の電圧確認用LEDディスプレイ
接続するとLEDディスプレイが反応します。
注意
この状態では、クランプ(クリップ)同士を接続してはいけません。
手順.3
車のバッテリーに接続
「Anker Roav ジャンプスターター Pro」を車に接続した状態
このように接続します。

クランプ(クリップ) 車のバッテリー
+側
-側

「Anker Roav ジャンプスターター Pro」のLEDディスプレイで確認できる電圧量
LEDディスプレイに電圧が表示されるまで、クリップを微調整します。

注意
この電圧の数字が表示されていないと、ジャンプスタートできません。
表示されても、20秒後に消える仕様です。
ちなみに、僕はのんびり撮影してたら、20秒経過してエンジンキー回しても無反応でしたw
手順.4
エンジンをかける
「Anker Roav ジャンプスターター Pro」で車のエンジンを始動
LEDディスプレイに電圧が表示された状態だと、一発でかかりました✌
手順.5
ケーブルを外す
エンジンが始動したら、30秒以内にジャンパーケーブルを外します。
エンジンが始動しなかった場合
ケーブルを両方外し、2分後に再接続します。LEDディスプレイに電圧が表示されたら、車のエンジンをかけます。また、4回以上連続してジャンプスタートすると、「Anker Roav ジャンプスターター Pro」が故障する可能性があるそうです。3回目でだめなら時間を離しましょう。

3つの機能│車のバッテリー以外にも使えるAnker Roav ジャンプスターター Pro

機能①USBモバイル充電器

スマホ等を充電できる「Anker Roav ジャンプスターター Pro」のUSBポート
中央に2つ出力用のUSBポートがあります。
いざというときに充電出来るように、自分のスマホに合った充電ケーブルをケースに入れておくと安心です。

機能②LEDライト

暗闇を照らせる「Anker Roav ジャンプスターター Pro」のLEDライト①
裏面にはLEDライトがあります。
暗闇を照らせる「Anker Roav ジャンプスターター Pro」のLEDライト②
4つのLEDの右横にあるスイッチを長押しすると、LEDライトが点灯します。
例えば、こんなときに便利です。

  • 外灯が無い場所で、車のエンジンルームを見る時
  • 結局エンジンがかからず、夜道を移動する時

このLEDライトは操作によって、点滅させることも出来ます。

スイッチの操作 LEDライト
長押し 点灯
点灯後、一回押す 点滅
さらに押す 違うパターンでの点滅

機能③コンパス

方向が分かる「Anker Roav ジャンプスターター Pro」の羅針盤(コンパス)
アナログのコンパスが付いています。
こちらは本体の充電残量とは関係なく使えます。

バッテリー残量確認方法│4つのLEDで残りの電力が一目瞭然

「Anker Roav ジャンプスターター Pro」のバッテリー残量を確認できるLED①
電池の残量を示すLEDの目盛りが4つあります。
「Anker Roav ジャンプスターター Pro」のバッテリー残量を確認できるLED②
左側のスイッチ(電源)を下に動かすと、LEDが光、電池の残量が分かります。

充電方法│Anker Roav ジャンプスターター Proは「USB Type-C 」

「Anker Roav ジャンプスターター Pro」は「USB Type-C 」で充電できる
「Anker Roav ジャンプスターター Pro」本体右端に「USB Type-C 」があり、そこから充電できます。

まとめ│Anker Roav ジャンプスターター Proの良い点&悪い点

実際に感じたことを紹介します。

💀悪い点

車のバッテリーに接続したら、20秒以内に始動させる必要がある

たぶん安全や無駄な電力を使わないためだと思いますが、慣れていない人は焦ると思います。
LEDディスプレイに、数字のカウントダウンがあれば分かりやすいと思いました。

👼良い点

車以外にも使える

普通の環境では、ジャンプスタートする機会はほぼ無いので、スマホのモバイル充電器や、LEDライト、コンパスといった緊急時のアイテムとして使えるのが魅力的だと思いました。

専用ケースや、付属品がコンパクト

ジャンプスタート用のケーブルって長いので、ケースを含めると場所を取りがちです。
でも「Anker Roav ジャンプスターター Pro」はケーブルも本体も専用ケースも小さいので、邪魔にならないのが素敵だと思いました。

Anker Roav ジャンプスターター Pro

Anker

Amazon楽天Yahoo!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です