映画の撮影地にも登場する夜景スポット「グリフィス天文台」

こんにちは、国栄(@kokuei360)です。

素晴らしい場所だったので、紹介します。

グリフィス天文台とは

グリフィス天文台が作られた話

ある日、大富豪のグリフィスさんがウィルソン山天文台を見学したときのことです。
その天文台のあまりの美しさに感動して「グリフィス公園にも天文台を作ろう」と決心しました。
計画を進めました。

しかしその計画の中、グリフィスさんが殺人未遂を起こしてしまいます。
そのせいで、ロサンゼルス市はその企画を保留にしてしまいます。

そしてグリフィスさんが死ぬまで、とうとう天文台は作られませんでした。
しかしグリフィスさんは死の間際まで諦めていませんでした。
グリフィスさんは遺言を残していたのです。

内容は、天文台と劇場の建設の寄付です。
その遺言と寄付をきっかけに、死後15年後の1935年に天文台が完成されました。

映画の舞台にもなっているグリフィス天文台

以下の映画の撮影場所に使われました。

・ターミネーター
・ジュラシック・パーク
・トランスフォーマー
・イエスマン “YES”は人生のパスワード
・素敵な人生の終り方
・理由なき反抗

国栄
見たことある映画ばかりだけど、全然気づかなかった・・・

グリフィス天文台に来たら、思い出してほしい事

Wifiの場所

ハッキリ言って電波が弱く、連絡がとれない可能性が高いです。
現地で待ち合わせをしている場合、必ずWifiスポットに行きましょう。

トヨタが提供している無料Wifiが、グリフィス公園の駐車場付近にある公衆トイレにあります。
使い方は、トヨタのWifiに接続後、数秒の広告動画を閲覧後、インターネットを自由に使えるようになります。

帰りの交通手段

帰りはバスを利用しましょう。(約$1.75)
帰りは車が混雑していて、Uber(タクシー)もなかなか山頂まで来れません。
夜でしたが、バスを利用している人に不審者はいませんでした。
グリフィス天文台から出ている、夜の帰りのバス
山を下り街についたら、Uberを呼んで帰りましょう。

グリフィス天文台から出ている、夜の帰りのバスに乗っている人々の様子
バスの中の様子です。一般人ばかりで安心しました。

グリフィス天文台の中庭

これが、グリフィス天文台の中庭です。
夕方のグリフィス天文台の庭
奥に見えるのが駐車場です。

img_3013ハリウッドサインも見えます。
img_3259
img_3284
img_3257
太陽の光で出来た影で時間を計算する道具です。

img_3055
グリフィス天文台と宇宙惑星の位置を示したもののようです。

img_3288
こちがら本館です。左右対称で綺麗な建物ですね。

img_3064
記念に一枚撮らせてもらいました。

グリフィス天文台の建物内

まず建物に入ると、こちらの球体が見えます。

img_3307
皆さんも不思議そうに見つめています。

国栄
カジノに出て来る円盤にも見えます

img_3074
上を見上げると、綺麗な絵があり、中央の穴から球が吊るされていました。

img_3319
奥に進むと、天体に関する資料や展示物があります。

img_3328
真ん中が太陽で、青いのが地球で自転と公転を表現しながらクルクル回っています。

img_3323
神秘気的な一枚ですね。

国栄
これは何なのかちゃんと読むの忘れてました

img_3322
模型で作られた、ミニグリフィス天文台もありました。

img_3321
こちら、スイッチで操作する事ができます。
img_3270
建物からの景色もなかなか良いです。
img_3263
こちらの望遠鏡は有料です。

国栄
$1前後だったかな

グリフィス天文台のテレスコープ

さあ、お目当てのテレスコープを見に行きましょう。

img_3336
ジブリに登場しそうな人が僕達に微笑みながら、天文台ごと回転してました。

img_3337
見えない位置まで回転しちゃいました。

img_3335
なんと、このテレスコープはトヨタが出資していました。

img_3357
では、さっそく中に入りましょう。

img_3105
おお、これが星々を観察するテレスコープ!

img_3159夜になると、テレスコープを案内する文字を近未来っぽく見えます。

img_3136個人的に好きなフォントです。決めた人のセンスを感じました。

グリフィス天文台のプラネタリウム

国栄
人生で見た中で一番綺麗なプラネタリウムでした。
全てリクライニングシートで仰向けで鑑賞するのですが、プラネタリウムのスクリーンが大きいので、
視界がスクリーン以外見えなくなり、本当にその世界に入ってしまったかのような感覚に陥ります。

しかも、ナレーションは録音ではなく、ベテランのおじさんが口で丁寧に楽しく30分ほど説明していきます。
これには正直驚きました。

しかし、残念ながら撮影は禁止でしたので、始まる前の写真しか撮れませんでした。

img_3113
席は早い者勝ちです。真ん中から後ろ辺りがおすすめです。

国栄
一番前でもよく見れましたが、スクリーンの切れ端が見えてしまいます・・・

グリフィス天文台の夜景

img_3126

img_3115

img_3132

img_3135

コメント

ロサンゼルスに来たら一番行くべき場所だと思いました。
ここで見たプラネタリウムは僕の人生の中で一番綺麗でした。

コメントを残す