コードが無い!あのアップル「AirPods」がやってきた。

こんにちは!国栄(@kokuei360)です。

AppleのワイヤレスイヤホンAirPodsを買いました。
普通のイヤホンとの違い、説明しましょう。

普通のイヤホンの場合

1.ひっかかる

満員電車やカバンを下ろす時など。

2.しまうときにグルグル巻く必要がある。

よく見かける光景ですね。

3.走るとコードがぶつかる音がする。

ランニングする人なら経験あるのではないでしょうか。

4.マイクがぶつかって相手に雑音が伝わる

電話中に起きることですね。

5.コードが劣化してくる

変色したり。ベタベタしてきたり、切れたり、、、

AirPodsの場合

1.ひっかからない

コード自体が無いので。

2.しまうときにグルグル巻かなくていい。

巻きたくても、巻けません。

3.走ってもコードがぶつからない。

ぶつかるものがありません。

4.マイクが本体にあるので、ぶつかる音がない。

顔を壁にでもぶつけなければ、問題ないでしょう。

5.コードが劣化しない

劣化するコードがありません。

こんな人におすすめ!

1.音楽を聞きながら運動する人

走ったり、踊ったり、ストレッチしたり、筋トレしたり

イヤホンコードをよく引っ掛けてしまう人

ストレスから開放されましょう。

電話が好きな人

スマホを持ち歩かずに、家でフラフラしながら電話できます。

オススメできない人

連続1時間以上電話する人

電池が切れます(´;ω;`)

コメントを残す