アメリカのパワースポット「ホースシューベンド」

ホースシューベンド(Horseshoe Bend)で苦笑いする、国栄(こくえい)。

国栄
こんにちは!国栄(@kokuei360)です。「ホースシュー ベンドって行くべきかな」
「どんな写真が撮れるかな」
そんな、あなたへ。

ホースシュー ベンドとは

アメリカ合衆国アリゾナ州にある、馬の蹄鉄(horseshoe)の形をしたコロラド川の一部分です

注意
ここでは柵やロープがありません。
なので、写真撮影するときに落下や転落しないように気をつけましょう。

写真撮影のコツ

技1.人を小さく撮影する

ホースシューベンド(Horseshoe Bend)の高所で撮影をする、国栄(こくえい)。
実はこの場所に立つのは、ものすごく怖かったです。
落ちたら死ぬので、這って移動してから立ち上がりました。

技2.パノラマモード

隠れた機能、使い方万能。
スマホのカメラ機能の一つ「パノラマ」で撮影すると、横長の迫力のある一枚になります。

パノラマモードで撮影したホースシューベンド(Horseshoe Bend)
うまく観光客を避けて撮影すると、非日常的な壮大感のある1枚に。

技3.気持ちを表現する

後から写真を見返したときに、「あぁ、このとき怖かったな〜」という風に、
当時の気持ちを思い出しやすくなります。ホースシューベンド(Horseshoe Bend)で苦笑いする、国栄(こくえい)。
恐怖のあまり笑顔が苦笑い

技4.後ろから撮影する

大自然を感じている様子を表現した一枚に出来ます。ホースシューベンド(Horseshoe Bend)で両手を広げ、大自然を感じている国栄(こくえい)。
体で感じる自然、この行動必然。

ひとこと

国栄
立って撮影するとき、両手両足の汗が凄かった・・・

コメントを残す