kokuei.world

シャッター音を消せる「iPhone7」を開封レビュー

time 2016/11/04

シャッター音を消せる「iPhone7」を開封レビュー
国栄(こくえい)
こんにちは!国栄(@kokuei360)です。「iPhone7の見た目が気になる」
「開封の様子が見たい」
そんな、あなたの願いを叶えます

iPhone7の開封の儀

「開封の儀!」
これずっと言ってみたかった(笑)

シルバーのアップルマークが印刷されている、未開封のiPhone7シルバーの箱
箱のAppleマークも本体の色に合わせてシルバーになってる。

シルバー色でiPhoneと印刷されている、未開封のiPhone7シルバーの箱
「iPhone」という文字もシルバーになっています。✨

iPhone7シルバーの箱のフタを開けて、現れた「Designed by Apple in California」の文字
フタを空けると「Designed by Apple in California」とアピールされますが、全然いやらしく感じないほど美しいです。

iPhone7シルバーの箱に入っている、新品のiPhone7シルバー
やっと本体が出現。この瞬間に目の瞳孔が開き、胸が高鳴る人が世界にたくさんいるんだろうね。

iPhone7シルバーの箱に入っている、イヤホン(EarPods)とUSB電源アダプタ
付属品が綺麗に収まっている。
この一体感は、たとえiPhoneを初めて見た宇宙人でも「この付属品はiPhoneのものだ」と分かるはず。

iPhone7シルバーの箱に入っている、ライトニングケーブル
イヤホンを取り出すと、「待ってました!」と言わんばかりに、ライトニングケーブルが現れる。

指紋一つ付いていない、新品のiPhone7シルバー
これが、7。

iPhone7の同梱内容

iPhone7本体以外の付属品は以下の通り。

・イヤホン(ライトニング端子のEarPods)
・変換アダプタ(Lightning端子→イヤホン端子)
・USB電源アダプタ
・ライトニングケーブル
・Appleロゴのステッカー
・SIMカード交換用のピン

iPhone7シルバーの白い付属品たち
そういえば、iPhoneの影響で、電気製品は白ばかり買うようになったな。

イヤホン(EarPods)の裏に隠れていた、変換アダプター
イヤホンをひっくり返すと、変換アダプターが隠れていた

iPhone7のイヤホンジャック部分

イヤホンジャックは完全に無くなっている。

iPhone7とiPhone6Sのイヤホンジャックとスピーカー部分の比較
下のスピーカーが増えたとよく勘違いされるけど、スピーカーは右だけ。6Sもそうです。
7は上のスピーカーからも、音楽や動画の音声が出るようになった。

開封直後のライトニング端子のイヤホン(EarPods)
付属のライトニング端子のイヤホンを使うと・・・

ライトニング端子のイヤホン(EarPods)をiPhone7に接続した状態
こんな感じ接続できる。

イヤホン端子をライトニング端子に変換できるアダプター
他のイヤホン端子の製品を使う場合は、変換アダプターが必要。
忘れないように、よく使うイヤホンに刺したままにしておくのもありかも。

iPhone7とiPhone6Sの比較

左のシルバーのiPhone7はアメリカで購入したもの。
右のローズゴールドのiPhone6Sは日本で購入したものです。
※日本版iPhone7もアメリカ版iPhone7も見た目は同じですが、背面の「総務省指定」の文字があるか無いか。

ここから先は、単純に6Sと7を比較。
以下が変わりました。

・カメラレンズの大きさ
・アンテナライン
・背面のFC表記が有無
・フラッシュライトの分割数(同じ大きさですが、6Sが上下に2つ、7が4分割されています。)

アンテナライン、カメラレンズの大きさを比較した、iPhone7シルバーとiPhone6Sローズゴールドアンテナラインが減って、よりシンプルに。

正面から比較した、iPhone7シルバーとiPhone6Sローズゴールド
見た目はほぼ同じ。
7を持っている事をアピールする場合、大きくなったカメラレンズを見せつけよう!笑

iPhone7の防水について

iPhone7から防水性能がつき、一定の水圧で30分程度なら問題無いとのこと。
その証拠に、SIMトレイにゴムパッキンがついており、防水のための工夫がされていた。

水に濡れていても美しい、iPhone7シルバー
7は、水も滴る良いスマホ。????

防水のためのゴムパッキンが付いたiPhone7シルバーのSIMトレイと、防水加工がされていないiPhone6SローズゴールドのSIMトレイ
左がiPhone7のSIMトレイ。

国栄
色違いのSIMトレイに入れ替えてオシャレする場合は要注意!iPhone6Sより前のSIMトレイにを突っ込むと防水じゃなくなり、調子に乗って水に入れるとそのままオシャカに・・・

プロフィール


国栄(こくえい)
1990年11月9日台湾生まれ。
台湾と日本のハーフ。
日本語と中国語のバイリンガル。
世界中のIT機器やアプリを紹介しています。